お得な利用法がある!互助会の仕組みを知って賢く活用

通過儀礼にも利用可能

葬儀場

互助会のサービスにあたるのは、基本的に冠婚葬祭となるので葬儀や結婚式が代表的な利用シーンです。多くの人がこのイベントを経験する機会がありますが、中には葬儀や結婚式とは無縁で利用できるサービスの幅が少ないと思われることもあるでしょう。確かに人によっては互助会加入前に終わった人やそもそもそのイベントの予定がない人もいます。このような時、互助会の必要性がないと思われがちですが、決してそうではありません。最近は冠婚葬祭以外にも、通過儀礼にあたる七五三や成人式に適用できるサービスがあります。このような儀式も成長に合わせて必要なイベントなので、自分や家族に対して利用できるでしょう。また、そのほかにも仏壇仏具や墓石購入の優待に活用できるケースもあるので、適用条件や方法を事前に調べておくと安心です。

家族や親戚など血縁関係者において役立つ互助会は、他人の場合でも適用できる特殊なケースがあります。それが、契約者の譲渡手続きであり申請を行なえば、友人や知人に対してサービスの提供権利を譲ることができます。掛金を支払ったけど自分で利用するタイミングが無い場合は、自分の大切な人に向けて譲渡するのもいいでしょう。互助会のシステムは、相互扶助の精神で成り立っています。だからこそ、家族といった繋がりだけではなく自分にとって大切な人に対しても利用できる汎用性の高いものです。この汎用性の高さを活かして、自分にとってベストな活用法を見出しましょう。